【マレーシア】NTT西とエアロダイン、ドローン事業提携[IT](2019/07/09)

NTT西日本の傘下でドローン(小型無人機)を活用したインフラ点検の新会社「ジャパン・インフラ・ウェイマーク(JIW)」(大阪市中央区)と、マレーシアの同業、エアロダイングループが8日、事業提携した。

NTT西日本グループが保有する情報通信インフラの維持管理ノウハウと、エアロダインのドローン飛行・点検技術を組み合わせ、日本の商習慣に最適な電力設備向けドローン点検サービスを共同開発する。JIWが日本市場で独占的にサービスを提供。日本国内で電力設備を保有するインフラ事業者のみならず、海外に資産を保有する日本企業への販売も視野に入れている。

さらに、洋上構造物やプラント、管路などの点検サービスを共同開発し、点検対象となる構造物の拡大を目指す。点検サービスの安定的かつ効率的な提供に向けて、マレーシア人留学生による点検センターを日本国内で設立する計画もあるという。

エアロダインは2014年にマレーシアで設立し、18年7月に日本法人を立ち上げた。日本のドローンスタートアップ特化型ファンド「ドローンファンド」から出資を受けている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント