【ベトナム】サイバーセキュリティー強化、首相が指示[IT](2019/06/11)

ベトナムのグエン・スアン・フック首相がこのほど、サイバーセキュリティーの強化に関する首相指示14号(14/2019/CT―TTg)を公布した。9日付トイバオキンテー電子版が報じた。

これによると、国内ではネット上の個人情報、子供の権利を保護する法制度や、違反に対する処罰が不十分で、2018年から19年初めにかけて、持続的標的型攻撃(APT)や、国家機密情報の盗み出しによる深刻な被害が発生した。

このため、国連の国際電気通信連合(ITU)が3月に公表した「グローバル・サイバーセキュリティー・インデックス(GCI)」のランキングでは、ベトナムは世界194カ国・地域中50位、東南アジアでは11カ国・地域中5位にとどまったという。

フック首相は関係機関に対して、年間または5カ年のIT予算やIT案件ごとの予算の少なくとも10%をサイバーセキュリティーに充てるよう指示した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント