【韓国】SK、1テラの96層NAND型メモリー開発[IT](2019/05/10)

90bf94b1 e473 4e70 b563 0c7add7be511

韓国半導体大手のSKハイニックスは9日、容量が1テラ(テラは1兆)ビットの96層NAND型フラッシュメモリーを開発し、出荷を始めたと発表した。主に3次元(3D)NANDに使われる「チャージトラップフラッシュ」(CTF)という技術に、1つの素子に4ビットを記録する「QLC」という呼ばれる技術を加えた。同社は、生産効率などで既存の3DNAND型よりさらに進化した意味で「4D」と命名している。

3ビット記録する現行に比べて記憶容量は33%増えることになる。チップサイズも既存のQLCに比べて90%縮小。データ処理能力も2倍向上したという。

1テラの96層NAND型メモリー(SKハイニックス提供)

1テラの96層NAND型メモリー(SKハイニックス提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント