【ベトナム】Thaco、中部にプジョーの工場新設[車両](2019/05/07)

ベトナムの自動車組み立て生産大手チュオンハイ自動車(Thaco)は5日、中部クアンナム省に「プジョー」車の工場を新設した。ベトナム・ニュース(VNS)電子版が6日に伝えた。

工場の総工費は4兆5,000億ドン(1億9,300万米ドル、約213億円)。年産能力は2万台で、生産した車両は国内外に出荷する。第1弾として、ミニバン「トラベラー・ラグジュアリー」と「トラベラー・プレミアム」の生産を開始した。

プジョー・グループ(PSA)のローレンス・ノエル社長兼最高経営責任者(CEO)によると、トラベラーは2016年にスイスのジュネーブで開催されたモーターショーで発表されて以来、欧州をはじめ世界中で人気を集めている。ベトナムにおける18年にプジョーの販売台数は4,463台で、前年の約11倍に増加。19年第1四半期(1~3月)の販売台数は、前年同期比34%増の1,158台だった。

Thacoは、14年にプジョーと代理店契約を締結。ベトナム国内の13カ所に3S(販売・サービス・部品交換)ショールームを展開する。Thacoはこのほか、「マツダ」、韓国「起亜」、ドイツ「BMW」の各ブランドの生産・販売を手掛けている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント