【インドネシア】首都の通勤鉄道、JR東日本から192両譲渡[運輸](2019/04/12)

インドネシアのジャカルタ首都圏で通勤鉄道を運行するクレタ・コミューター・インドネシア(KCI)は今年、JR東日本から中古の鉄道車両192両を譲り受ける。このうち24両は1月に引き渡された。11日付地元各紙が伝えた。

KCIは2018年、JR東日本から中古車両計356両を譲り受ける契約を締結。18年に68両、19年に192両、20年に96両が引き渡される。契約額は約1,900億ルピア(約14億9,100万円)だった。

KCIのウィウィック社長は「今年引き渡される192両は、16編成(1編成12両)で運行する予定」と述べた。KCIは今年の目標旅客輸送量を、1日の旅客輸送能力を130万人として前年比2.5%増の3億4,350万人に設定している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント