【カンボジア】首都近隣州に最長の橋建設、首相が表明[建設](2019/03/18)

カンボジアのフン・セン首相は16日、首都プノンペンの北部に位置するコンポンチュナン州とコンポントム州を結ぶ橋や道路を整備する計画を明らかにした。橋の長さは約3,900メートルで、完成すれば国内最長となる。

同日にコンポンチュナン州で開催された水祭りに出席した際に明らかにした。道路はコンポンチュナン州のレン郡とコンポントム州のストゥンセン郡を結ぶ約57キロメートル、橋はトンレサップ川など3つの川をまたぐ。

現在は数十キロの遠回りを余儀なくされているが、橋や道路が敷設されれば移動時間が大幅に短縮され、恩恵が大きいという。フン・セン首相は「計画を進める上で、以前から調査を実施していた。自然や漁業には影響は出ない」と説明した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント