【カンボジア】アパレル申洲国際、ナイキ向け工場を着工[繊維](2019/03/11)

中国浙江省寧波市のアパレルメーカー、申洲国際集団は6日、カンボジアの首都プノンペン郊外にあるプノンペン経済特区(SEZ)で米ナイキ向けの新工場に着工した。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

馬建栄会長は、着工式典で「中国の広域経済圏構想『一帯一路』に合わせて、カンボジアへの投資を進めている。今後も投資を拡大し、カンボジアの発展に貢献する」と説明。ナイキのマーク・グリフィー副社長は「申洲国際は当社の製品を3カ国で生産しており、最も重要な委託先の1社だ」と強調した。

申洲国際はカンボジアで2005年からナイキ製品の受託生産を手掛け、同国での投資総額は新工場も含めて1億5,000万米ドル(約167億円)に上る。カンボジアでは3,000人以上がナイキ製品の生産に従事し、欧州を中心に出荷している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント