【シンガポール】米インポッシブルの人工肉、8店で提供開始[食品](2019/03/08)

9934c850 8f42 4010 b0c4 8d229d8fe6de
シンガポールの飲食店8店で提供されるインポッシブル・フーズの人工肉を使った料理(同社提供)

シンガポールの飲食店8店で提供されるインポッシブル・フーズの人工肉を使った料理(同社提供)

植物由来の人工肉を提供する米インポッシブル・フーズは7日、シンガポールで人工肉の提供を開始した。提携する8つの飲食店で、同社の人工肉を使った料理が用意される。

インポッシブル・フーズはシリコンバレーを本拠に、植物由来の成分で人工肉を製造するスタートアップ。シンガポールの政府系投資会社テマセク・ホールディングスが出資している。

人工肉を使ったメニューが提供されるのは、◇パーク・ベンチ・デリ◇スリー・バンズ・キーサイド◇ポテト・ヘッド・シンガポール◇プリベ・オーチャード◇エンプレス◇ブレッド・ストリート・キッチン◇CUT◇アドリフト――の8店。それぞれ人工肉を使ったハンバーガー、サンドイッチ、ミートボールパスタ、マーボー豆腐、ギョーザなどを提供する。いずれの料理名も「インポッシブル・ギョーザ」などのように、頭に「インポッシブル」を冠している。

インポッシブル・フーズの人工肉を使ったメニューは米国で飲食店5,000店余り、アジアでは香港とマカオの150店近くで提供されている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント