【シンガポール】ジェイHD、地場社からシステム開発受注[建設](2019/03/07)

不動産向けウェブサービスなどを手掛けるジェイホールディングス(HD、東京都港区)は5日、子会社のアセット・ジーニアスがシンガポールのハッピーインセントからシステム開発を受注したと発表した。受注額は1億6,500万円。

アセット・ジーニアスは◇ユーザーインターフェース階層◇業務プロセス処理階層◇データベース階層――にかかるシステム構築を請け負う。開発期間は1~3カ月で、4月から5月にかけて納品し、検収後の6月に売り上げを計上する予定。

ハッピーインセントは、ブロックチェーン(分散型台帳)技術を用いた評価経済プラットフォームのサービスを提供する企業。アセット・ジーニアスは昨年6月、同社から会員制交流サイト(SNS)などの利用者の評価、不正利用検知、対価支払いの履歴記録といった同プラットフォームの基本システムの開発を受注しており、既に納品を完了。今回、新たに追加のシステム開発を請け負った。

ハッピーインセントは美容や健康に関する評価コメントなどを集約したプラットフォームを構築した上で、良質なコメントを投稿した人がインセンティブを受け取れる仕組みの導入を目指しているという。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント