【ベトナム】補聴器リオン、国立フエ中央病院と覚書[医薬](2019/03/06)

7494c78d 692f 4599 ad04 10eb7e96a076
覚書に署名するリオンの清水健一社長(前列右)と国立フエ中央病院のグエン・ズイ・タン副院長=2月28日、トゥアティエンフエ省(リオン提供)

覚書に署名するリオンの清水健一社長(前列右)と国立フエ中央病院のグエン・ズイ・タン副院長=2月28日、トゥアティエンフエ省(リオン提供)

補聴器や聴覚検査機器といった医療機器などの製造・販売を手掛けるリオン(東京都国分寺市)は5日、ベトナム中部トゥアティエンフエ省フエ市にある国立フエ中央病院と、難聴者救済に向けて協力する覚書を締結したと発表した。

ベトナムにおける覚書締結は3件目となり、これまでの活動の成果を踏まえて、新たな覚書締結に至った。国立フエ中央病院で聴覚検査ルームの導入を支援し、聴覚検査機器を提供するとともに、機器の操作技術指導を実施する。同病院は、ベトナム保健省傘下の国立総合病院の一つとして設立され、中部16省を管轄する。

リオンは2015年10月、国際協力機構(JICA)の委託契約による民間技術普及促進事業としてハノイの国立バックマイ病院と覚書を締結し、翌16年4月に同病院に日越聴覚検査センターを開設。奈良県立医科大学と連携し、医師・看護師の訪日研修などによる人材育成も進めてきた。また、17年10月には、ホーチミン市の市立耳鼻咽喉科病院と覚書を提携し、難聴者救済に向けた活動を推進してきた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント