【ミャンマー】北東部ゴッティに橋と道を新設、今年着工へ[運輸](2019/01/11)

ミャンマー建設省は、北東部シャン州の観光地ゴッティ渓谷に架かる「天空の鉄橋」に並行する形で、今年中に新たな橋りょうと道路の建設を開始すると発表した。総工費は推定1億米ドル(約108億円)以上で、完工は2022年の予定。ミャンマー・タイムズ(電子版)が10日伝えた。

建設省、地場オリエンタル・ハイウエー、中国国営建設大手の中国交通建設集団(CCCC)、中国港湾工程(CHEC)が提携し、BOT(建設・運営・譲渡)方式で建設する。CHECが橋りょう、オリエンタルが道路の建設をそれぞれ請け負う予定だ。

橋りょうは4車線の斜張橋で全長887メートルで、橋を含むナウンチョー―ゴッティ間の新道路は全長19.3キロメートル。既存道路の同区間よりも6.8キロ短く、急カーブも少ない。移動時間を少なくとも45分短縮できるだけでなく、交通事故が減少することも期待されている。

同州の中国国境の街ムセと北中部マンダレーを結ぶ既存道路のうち、ナウンチョー―ゴッティ間は曲線区間が多く、事故が多発している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント