【ミャンマー】韓国カフェチェーン、旧ビルマ省庁舎に出店[サービス](2019/01/10)

ミャンマー・インターナショナル・ビジネス・アライアンス(MIBA)は、フランチャイズ展開する韓国のコーヒーチェーン「トムアンドトムズ」の新店舗を、最大都市ヤンゴンにある旧ビルマ省庁舎に開く計画を明らかにした。8日付イレブン電子版が伝えた。

旧ビルマ省庁舎は、独立の英雄であるアウン・サン将軍の暗殺現場として知られ、現在は使われていない。建物と一帯を、記念館などの施設や飲食店を備えた名所に再開発する計画が進んでいる。

トムアンドトムズは昨年、ヤンゴン国際空港の第3ターミナル(T3)にミャンマー1号店を、ヤンゴン中心部の商業施設「カンタヤ・センター」に2号店を、それぞれ開業した。今年はヤンキン郡区に3号店、旧ビルマ省庁舎に4号店を開き、さらに5号店も開設する。2020年には第2の都市マンダレー、北東部シャン州タウンジー、首都ネピドーにも進出する。

MIBA幹部によれば、2月には韓国産イチゴを使ったメニューも販売する。

トムアンドトムズは1998年に創業。現在は韓国のほか、シンガポール、タイ、モンゴルなどで700店舗以上を展開している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント