【タイ】DL、海外の不動産管理を外注可能に[建設](2019/01/07)

在タイ日本人向けの不動産仲介を手掛けるDLホールディングス(東京都港区)は4日、タイで不動産管理の外注サービス「VOLT」の試験的な運用を開始したと発表した。タイに不動産を保有する日本在住のオーナーの物件管理を支援する。

VOLTでは、入退去時の立ち会い、室内点検・配布物の管理、支払い代行、苦情対応、家賃滞納者への催促、修理手配などを実施する。月額料金は8,000円。タイ法人のディアライフで取引のある不動産オーナーを中心に月間150の管理物件を上限とし、運用を開始する。

DLホールディングスによると、タイでは日本在住の不動産オーナーがコンドミニアム(分譲マンション)やアパートを投資目的で所有しているケースが多いが、管理部分のみを委託する業者や、管理に特化したサービスは確立されていない。このため、物件の取得状況によっては、支払い業務や苦情対応で不動産オーナーが定期的に現地に出張する必要があった。

新サービスのテスト運用後は、問い合わせページを開設し、スマートフォンから管理業務の確認や操作ができるようにする。不動産の賃貸データと管理データを連動させ、物件の収益や物件価値の向上を支援する。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント