【ミャンマー】EUにGSP適用の継続要請、商議所など[経済](2018/12/26)

ミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)、ミャンマー労働組合連合(CTUM)、ミャンマーインフラ・手工芸・サービス(MICS)の3団体は共同声明を発表し、欧州連合(EU)に対して、ミャンマー製品への一般特恵関税制度(GSP)の適用を継続するよう求めた。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが25日伝えた。

3団体は、ミャンマー国内で人権と労働者の権利を改善していくことを約束し、EUに対してミャンマー製品へのGSPの適用を停止しないよう求めた。労働者の権利と児童就労の問題については、政府、雇用主、労働者の3者間協議で、国際労働機関(ILO)の原則を尊重し、ILOの基準に沿った労働関連法や細則を成立させるために協力していくことで合意したと説明した。

その上で、EUがGSPの適用を停止すれば、ミャンマーの国内総生産(GDP)が減少するだけでなく、同国への外国投資の流入や雇用に悪影響が出ると指摘。3団体が協力して、持続可能な事業の促進などに取り組んでいくと約束した。

EUは2013年7月にミャンマー製品に対するGSPの適用を再開。GSPを利用したEUへの輸出額は17年に13億ユーロ(約1,635億9,800万円)となり、15年の5億3,500万ユーロから大幅に増加した。

17年のEUへの輸出額はミャンマーの輸出額全体の8.8%で、EUはミャンマーにとって3番目の輸出先だった。品目別では、対EU輸出総額の72.2%を縫製品が占めた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント