【ミャンマー】今年の小規模地震回数、昨年の2倍に[社会](2018/11/29)

ミャンマーで観測される小規模な地震の回数が2018年、前年比2倍以上のペースで増加している。大地震の前触れというよりは、観測態勢の充実により感知能力が向上したためとみられている。ミャンマー・タイムズ(電子版)が27日伝えた。

ミャンマー地震委員会(MEC)のミョー・タン副委員長によると、18年1~10月にミャンマーで観測された地震は130回。17年は通年で約60件だった。多くは小規模の地震で、同副委員長は「計測装置が入手しやすくなったことで、感知回数が増えたのかもしれない」と指摘した。

1月の地震は7回で、うち1回はマグニチュード(M)5.8だった。頻発する地震が大地震の前震かどうかについて、同副委員長は「前震は、ある場合もない場合もある」と述べて、直接の関連を否定。一方で「1930年にバゴーで大地震が起きて以来、90年近くが経過しており、警戒が必要だ」と述べた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント