【香港】長和傘下の百佳、騰訊・永輝とスーパー合弁[商業](2018/10/26)

香港の大手コングロマリット、長江和記実業(CKハチソン・ホールディングス、長和)傘下のスーパーマーケット部門である百佳超市(パークンショップ)は、中国本土市場の開拓に注力する。中国インターネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)、中国スーパー運営の永輝超市と共同で本土に新事業会社を設立し、新ブランド「百佳永輝」を立ち上げる。香港経済日報など25日付香港各紙が伝えた。

合弁会社の資本金は12億4,900万人民元(約201億円)で、出資比率は永輝超市が50%、百佳超市の中国部門である百佳(中国)が40%、テンセントが10%。永輝超市と百佳(中国)は、広州や深センなど広東省各地で店舗展開する傘下会社株を現物出資し、テンセントは現金で支払う。

合弁会社の百佳永輝ブランド店は広東で70店以上となる。永輝超市は24日、「合弁会社の設立によって、広東業務の発展が促される」とのコメントを出した。

長和は近年、テクノロジー企業との提携を進めており、消費・決済と関連したデジタルリテール業務の開拓に積極的。永輝超市はEC、実店舗、物流を組み合わせた新型小売事業者への転身に乗り出している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント