【中国】宅配便取扱量、1~9月は27%増の347億件[運輸](2018/10/19)

中国国家郵政局が17日までに発表した最新の宅配業統計によると、1~9月の宅配便取扱量は前年同期比26.8%増の347億4,000万件となり、2016年通年の取扱量を上回った。宅配業売上高は24%増の4,246億3,000万元(約6兆8,900億円)だった。

9月単月の宅配便取扱量は前年同月比24.1%増の44億8,000万件。宅配業売上高は18.5%増の531億1,000万元だった。

9月の宅配サービス全体への満足度指数は78.2で、前年同月から0.9ポイント上がった。宅配便に関する有効苦情件数は、荷物100万件当たり1件を下回った。72時間以内での配達完了率は71.9%となり、前年同月に比べ2.4ポイント上昇した。

同局は、10月の宅配便取扱量は45億件に達すると予測している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント