【ベトナム】ニチレイ、水産加工工場を新設[農水](2018/10/05)

ニチレイグループで水産・畜産事業を手がけるニチレイフレッシュ(東京都中央区)はこのほど、ベトナム子会社のトランス・パシフィック・シーフードが南部ビントゥアン省に水産加工工場を新設したと発表した。10月半ばに生産を開始する。

ニチレイフレッシュは、近年注力している水産加工品の販売で自社生産拠点の拡充を図るため、昨年7月にトランス・パシフィック・シーフードを設立した。ベトナムで水産加工を手がける地場ハイワン・シーフードと合弁で、ニチレイフレッシュが75%、ハイワン・シーフードが25%出資している。資本金は908億ドン(388万米ドル、約4億4,000万円)。

トランス・パシフィック・シーフードは、生食用の製品を中心に顧客ニーズに合わせた水産加工品の生産を手がけていく。また、同社の水産加工品生産における基幹拠点の一つと位置づけ、日本向けだけでなく海外向け製品の生産・販売も視野に入れ事業展開を目指す。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント