【インドネシア】チカランの日本人学校で安全祈願祭[社会](2018/10/04)

C152cef4 a6a0 4e45 8775 39a742f31dd2
ジャカルタ日本人学校維持会はJJSCの安全祈願祭を行った=3日、西ジャワ州ブカシ県(NNA撮影)

ジャカルタ日本人学校維持会はJJSCの安全祈願祭を行った=3日、西ジャワ州ブカシ県(NNA撮影)

インドネシアのジャカルタ日本人学校(JJS)を運営する、ジャカルタ日本人学校維持会は3日、西ジャワ州ブカシ県チカランに設置する「ジャカルタ日本人学校 チカラン校(JJSC)」の建設工事の安全祈願祭を行った。来春の開校に向けて、来年2月に校舎の完成を目指す。

学校は、チカランの複合開発都市デルタマス・シティ内にできる。大林組が設計施工を担当し、8月に着工した。来年4月に開校、7月に体育館や水泳プールなどの施設が完成する。

初年度は小中学校合わせて63人が入学する予定。1学年の生徒数が少ないことから、遠足などのイベントは複数の学年が合同で行うなど、学年を越えた児童・生徒の交流が多くなりそうだ。学校周辺の日系企業の工場見学や地元の学校との交流なども検討されている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント