【台湾】三井アウトレット台中港、12月12日に正式開業[商業](2018/10/02)

853a482c a6a8 452d 8a2a db7c093f0353

三井不動産は1日、台中市西部の台中港にアウトレットモール「三井アウトレットパーク台中港(MOP台中港)」を12月12日にグランドオープンすると発表した。

2016年1月に新北市林口区で開業した「三井アウトレットパーク台湾林口(MOP台湾林口)」に続く台湾2店目で、三井不動産が海外で展開するアウトレットモールとしては4店目。一部店舗は11月下旬から営業を開始する。

MOP台中港は、台湾の主要港湾業務を統括する台湾港務(TIPC)の所有地に開業。台中港フェリーターミナルに隣接し、ウオーターフロントという立地環境を生かした開放的な空間を売りの一つとする。

敷地面積は約18万平方メートル、延べ床面積は約6万平方メートル(うち店舗面積は約3万5,000平方メートル)で、地上1階(一部2階)の建物に約170店舗が出展する。このうち19店舗は台湾初進出。日系ではラーメン専門店「銀座 篝」や「十勝豚丼いっぴん」「氷見海鮮丼 粋鮨」「リル ドーナツ&クレープ」などが初めて出店する。また9月に台湾再進出を果たしたバッグブランド「サマンサタバサ」や、海外1号店を台北市に開いたコーヒー専門店「猿田彦珈琲」なども店舗を構える。

買い物以外も楽しめる商業施設としてエンターテインメント施設にも力を入れており、体感温度約24度で楽しめる雪のテーマパーク「スノータウン」や、アトラクションの企画・開発会社シーキュー・アメニック(香川県高松市)が手掛ける室内遊園地「ASOBI SQUARE」が開業する。

館内サービスも充実。公衆無線LAN「Wi―Fi」が無料で使えるほか、大型スーツケースが収容可能なロッカーを設け、免税手続きカウンターを導入。海外からの観光客が利用しやすいようにする。

決済についても、「悠遊カ(カ=上の下にト、悠遊カード)」や「一カ通(iパス、カ=上の下にト)」の台湾のプリペイドICカードはもちろん、無料通信アプリLINEの決済サービス「LINE Pay(ラインペイ)」、さらには中国の電子決済サービス、「微信支付(ウィーチャットペイ)」や「支付宝(アリペイ)」にも対応する。

このほか平面駐車場や建物屋上には発電出力4.5メガワットの太陽光パネルを設置するなど、環境面にも配慮している。

三井アウトレットパーク台中港のウオーターフロントデッキの完成予想図(三井不動産提供)

三井アウトレットパーク台中港のウオーターフロントデッキの完成予想図(三井不動産提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント