【ミャンマー】ヨマ、キャタピラー重機を販売・レンタル[車両](2018/09/26)

ミャンマーの大手財閥サージ・パン・アンド・アソシエーツ・ミャンマー(SPA)傘下のヨマ・ストラテジック・ホールディングスは24日、完全子会社ヨマ・フリートを通じ、米キャタピラーのミャンマー代理店を務めるミャン・シュエ・ピー・トラクターズ(MSP CAT)と独占的に提携する契約に調印したと発表した。

MSP CATの重機販売、レンタル、リース融資事業で提携する。ヨマ・フリートはMSP CATのレンタル重機に対し、合計700万米ドル(約7億9,000万円)相当のリース資金を融資する。

ヨマ・ストラテジックのメルヴィン・パン最高経営責任者(CEO)は「インフラ整備の拡大や鉱業分野の復調が期待できる中、キャタピラー製品を扱うMSP CATとの提携は、当社の金融部門の成長に大きく貢献する」と指摘。ミャンマーのインフラ・建設部門では長年にわたり、重機関連の融資体制が整っていないことが経済成長の阻害要因になっていたと付け加えた。

MSP CATはキャタピラーの認定代理店として、ミャンマーで13支店を展開する。レンタル用重機は71台を保有し、うち63台がキャタピラー製。

ヨマ・フリートは3月、配車サービスのグラブとも戦略提携しており、リース事業の拡大を図っている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント