【インドネシア】8月貿易収支、赤字幅が10億ドルに縮小[経済](2018/09/18)

8ad71d1c 9e9b 41a1 9943 73593c8e574e

インドネシア中央統計局が17日に発表した貿易統計によると、8月の貿易収支は10億2,140万米ドル(約1,100億円)の赤字で、赤字幅が前月の半分近くに縮小した。輸出額が前年同月比4%増の158億米ドル、輸入額は25%増の168億米ドルに拡大した。

輸出額の9割以上を占める非石油ガス分野の輸出は3%増にとどまった。前月比では、非石油ガスの主要輸出品のうち、鉱物性燃料が16%減少した一方で、スズが21%増加した。

非石油ガスの輸入品目は、牛乳・バター・卵が94%増、船舶が47%増と伸長した。

1~8月の貿易収支は40億8,610万米ドルの赤字だった。輸出額が前年同期比10%増、輸入額が25%増となった。

主要11カ国・地域向けの非石油ガス輸出(1~8月)は、中国が31%増の166億米ドルで輸出額が最大。輸出額全体の15%を占めた。伸び率では台湾が34%増(24億1,480万米ドル)でトップだった。

非石油ガス輸入額も中国が32%増の288億米ドルで最も大きかった。上位11カ国・地域中で9カ国・地域が2桁増だった。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント