【カンボジア】シアヌークビルで投資3件認可、当局[経済](2018/09/05)

投資認可当局のカンボジア開発評議会(CDC)は4日、シアヌークビル州での投資計画3件を認可したと発表した。投資総額は約3億1,000万米ドル(約330億円)。

ミー・ナー・インベストメントは、自動車部品や家電製品、産業廃棄物などの処理工場を建設する。投資額は3億米ドル、雇用創出は545人を見込む。

サイシテ・パッキング(カンボジア)は、100万米ドルを投じて段ボールの製造工場を建てる。中国資本の経済特区(SEZ)であるシアヌークビルSEZ内に設置する。雇用創出は23人になる見通し。

TGH(カンボジア)インダストリアルは、シアヌークビルSEZ内に工場を新設する。家具、輸送機器、金属装置を製造する。1,078人を雇用する。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント