【シンガポール】ピクセル、日系ソフト開発会社と業務提携[IT](2018/08/14)

フィンテック(ITを活用した革新的な金融サービス)やカジノ関連事業などを手掛けるピクセルカンパニーズ(東京都港区)は13日、シンガポールの日系ソフトウエア開発会社チェーンベースと業務提携したと発表した。カジノプラットフォームの共同開発などを行う計画。

ピクセルは、新たにブロックチェーン(分散型台帳)技術を用いたシステム開発の受託事業を開始したほか、カジノゲーム機のレベニューシェア(収益分配)管理プラットフォームの構築を検討している。チェーンベースは同社のブロックチェーン技術システム開発の受託先で、カジノゲーム機のリースに伴う取引記録・履歴などをブロックチェーンで管理するプロジェクトに取り組んでいる。ピクセルは自社のノウハウなどとチェーンベースの同プロジェクトを組み合わせることで、相乗効果が得られると判断したという。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント