【ベトナム】共英製鋼、越子会社VISへの出資拡大[鉄鋼](2018/08/08)

共英製鋼は7日、ベトナム北部フンイエン省にある子会社ベトナム・イタリー・スチール(VIS)の株式の追加取得を完了したと発表した。これにより、出資比率は65.0%から71.7%に拡大した。

VISの株式500万株を7億800万円で追加取得した。ベトナム北部戦略の一環で、ニンビン省で操業する連結子会社キョウエイ・スチール・ベトナム(KSVC)とのシナジー効果を高め、北部市場で存在感を一層高めていきたい考えだ。

VISは2002年の設立。資本金は7,383億ドン(3,200万米ドル、約35億4,400万円)で、棒鋼・線材といった鉄鋼製品や半製品の製造・販売を手がける。共英製鋼は、昨年11月に同社に出資。今年5月に株式の追加取得により、出資比率を20%から65%まで引き上げた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント