【タイ】ポリテクノ、欧企業とEV充電器工場建設[車両](2018/08/07)

ドイツのBMWの電気自動車(EV)向け充電サービス「チャージナウ」の機器設置を請け負っているタイのポリテクノロジーは、ポルトガルのエネルギー・エンジニアリング大手エファセック(EFACEC)、提携する米グリーンロッツと共同でEV充電機器の生産・組み立て工場を建設する計画を明らかにした。6日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。

初期投資額は約5,000万バーツ(約1億7,000万バーツ)。東部3県(チャチュンサオ、チョンブリ、ラヨーン)の経済特区(SEZ)「東部経済回廊(EEC)」に工場を建設し、タイ国内向けにEV充電機器を供給する。年内に着工し、1年後をめどに生産を開始する計画。

チャージナウは現在、セントラル百貨店の支店7カ所を含め、商業施設、ホテル、コンドミニアム(分譲マンション)、オフィスビルなど計54カ所で展開している。年内に計100カ所となる見通し。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント