【香港】中環の観覧車、集客強化に遊具増設へ[観光](2018/07/09)

香港島・セントラル(中環)の人気観光スポットである観覧車と、そのそばに新設した「AIAバイタリティー公園」で第2期工事が始まる。遊具を増設し、ファミリー層の集客を強化する。6日付香港文匯報などが伝えた。

メリーゴーラウンドや滑り台などの遊具を増設する計画。利用料はメリーゴーラウンドが30HKドル(約420円)、滑り台が25HKドルとなる見通し。

年末には香港海事博物館と協力し、拡張現実(AR)技術を使って香港の歴史を紹介する新たなイベントも始める。LEDパネルを設置して映画やスポーツ番組を放映・放送するほか、音楽や劇などのイベントも開く予定だ。

観覧車を運営するザ・エンターテインメント・コーポレーション(TECL)によると、営業を再開した昨年12月下旬以降の観覧車利用者は5日、100万人を突破した。観覧車は新旧業者間の交渉が難航し、昨年8月末から約4カ月にわたって営業を停止していた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント