【ベトナム】みらいコンサル、HCM市に現法[経済](2018/06/26)

みらいコンサルティング(東京都中央区)は25日までに、ホーチミン市に現地法人を設立したと発表した。日系企業の法務や労務、税務トラブルの解決のほか、市場調査やスキーム立案などの体制を強化する。

新会社「ニッポン・みらい」は、1区トンドゥクタン通りサイゴン・リバーサイド・オフィス・センターに入居する。会長に公認会計士の松本太一氏が、最高経営責任者(CEO)にグエン・ザン・タイン(Nguyen Giang Thanh)氏が就く。

みらいコンサルティングはこれまでもベトナムで現地法務、会計事務所と提携し、直近5年で47件の支援実績を有する。現法設立を機に、課題解決の実行段階までのサポートを充実させる。

みらいコンサルティングは中国に3拠点、マレーシアにも現法を展開している。またNNA紙面上で「知ってて安心、駐在員のための日本の税務・社会保険」を連載している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント