医療費控除

医療費控除の申請について
家族の分をまとめて申請する場合、所得の多い人が申請する方が
還付金が多いと言いますが、その所得とは、給与の他に年金(公的年金と企業年金)も所得に入るのでしょうか?
職安からの高齢者雇用継続給付支給も収入に入りますか?

回答者

query_builder2018/12/28

ご質問有難うございます。

給与収入は「給与所得」、年金収入は「雑所得」に該当するため、その年分の所得の計算上、医療費控除の適用により医療費控除額を差し引くことが出来ます。一方で、高齢者雇用継続給付支給金は雇用保険法により定められる「非課税所得」に該当するため、所得の金額に含まれません。

そのため、医療費控除の適用を受ける場合には、給与と年金の収入の多い方が適用を受ける方が有利となります。

質問者

query_builder2018/12/28

ご回答ありがとうございます。
 確認ですが、夫→給与+企業年金+公的年金=A
       妻→給与          =B
A>B(夫の方が合計した額が多い)場合は、夫で医療費控除を受けた方がいいという解釈で
 よろしいのでしょうか。

回答者

query_builder2018/12/28

ご理解の通りでよろしいかと思います。

質問者

query_builder2018/12/28

ご丁寧にな対応、ありがとうございました。

※この内容は、2018年12月28日公開時点の情報です。 情報のご利用にあたっては、現在の法律・法令にもとづいて、ご自身の責任で行っていただくようお願いします。