配偶者が年間所得1200万円の場合、フリーランスの妻は収入をいくらぐらいにするのが一番お得でしょうか

配偶者の年間所得が1200万円の場合、私(妻)はいくらぐらいの所得にしておくのが一番お得でしょうか?
去年までは、103万円までにしておくと配偶者の扶養に入られて、税金支払いが少なくてよかったと思うのですが、今年から変わったと言うことなので、複雑になってしまいました。
103万円の壁以外にも、厚生年金に加入の106万円の壁、年金に加入の130万円の壁があると聞きました。
私の年間所得が103万円、110万円、120万円、130万円、それぞれで場合で、夫婦お互いが支払うべき税金の額、社会保険料、年金など金額がどう変わるかや違いなどについて教えてください。

回答者

query_builder2019/01/07

ご質問有難うございます。

平成30年より配偶者控除の規定が改正され、合計所得金額が1,000万円(給与収入のみの場合年収1,220万円)を超える場合には、配偶者控除及び配偶者特別控除の適用を受けることができないこととされました。

合計所得金額が1,000万円以下の場合には、配偶者の合計所得金額が123万円(給与収入のみの場合年収201.6万円)以下であれば、配偶者控除又は配偶者特別控除の適用を受けることができます。

控除額につきましては、本人の所得金額と配偶者の所得金額により変動しますので、下記の表をご参照下さい。

なお、社会保険の106万円の壁、130万円の壁につきましては、改正は行われておりませんので、これまで通りとなります。


※この内容は、2019年1月7日公開時点の情報です。 情報のご利用にあたっては、現在の法律・法令にもとづいて、ご自身の責任で行っていただくようお願いします。