【中国】車体部品のジーテクト、広州に新工場[車両](2021/05/14)

車体部品を手掛けるジーテクト(さいたま市大宮区)は13日、広東省広州市に新工場を建設すると発表した。車体プレス部品を製造する。中国では近年、電気自動車(EV)市場が急拡大しており、同社が強みを持つ軽量高剛性な車体部品の需要が見込めることから、工場新設を決めた。

市内に約4万5,000平方メートルの土地を確保し、約3億7,600万元(約64億円)を投じて建設する。工場には大型トランスファープレス機や大型ブランキングプレス機などの最新設備を導入し、供給体制を整える。操業開始は2023年4月を予定している。

工場新設に当たり、運営を担う新会社、広州南沙艾バツ克汽車配件(バツ=はばへんに白)を設立する。資本金は約2億2,700万元で、ジーテクトが全額出資する中国子会社の広州艾バツ克汽車配件が100%出資する。

広州艾バツ克汽車配件は広州市に第1、第2工場を持つ。今後、新工場を合わせた市内3工場の生産体制を取引先ごとに再編するとしている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント