【カンボジア】首相「これまでで最悪」、クラスター発生で[社会](2021/02/24)

カンボジアのフン・セン首相は22日夜、首都プノンペンで発生した新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)について、「これまでの市中感染のケースで最悪だ」と話した。国民に対しては、不要不急のプノンペンへの訪問を避けるよう求めた。

クメール・タイムズ(電子版)が報じた。20日に明らかになったプノンペンのダイヤモンドアイランドで発生したクラスターでは、22日時点で中国人を中心に100人近くが感染しているもよう。

これを受けてフン・セン首相は、状況の深刻さを国民に説明し、全ての結婚式の開催を中止するよう呼び掛けた。中止が難しい場合は、規模を縮小して開催するよう求めた。

これに関連し、プノンペンと隣接するカンダル州で、全ての公立・私立学校の休校が決定された。博物館や映画館、劇場も23日から2週間閉鎖されることとなった。

保健当局は、感染拡大の防止に向け、クラスターの発生源とされるクラブハウス「N8」など、ホットスポット23カ所を訪れたタクシーやトゥクトゥク(三輪車)の運転手らを追跡。オリンピック・スタジアムで実施している新型コロナ検査を受けるよう呼び掛けている。

カンボジアの新型コロナの累計感染者は593人。これまでに475人が回復している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント