【ベトナム】ダナン封鎖、国内旅行者8万人が退避[運輸](2020/07/29)

B1f65f54 7743 44a8 9620 6c54dc67ebd8

ベトナム中部ダナン市で28日、新型コロナウイルス感染症の流行再発を受けて社会隔離政策が始まった。国内で同措置が実施されるのは3カ月ぶり。陸海空の乗客輸送サービスが原則的に停止となる中、同市を訪問していたとされる国内旅行者約8万人の退避が進む。感染拡大の防止に向けた隔離措置の調整などが課題となった。

運輸省は27日、グエン・スアン・フック首相の指示を受けた新型コロナ対策の公文書7286号(7286/BGTVT―VT)を発出した。28日午前0時から15日間、乗客輸送サービスを制限する。

航空便では、原則的にダナン発着の旅客便を運休とさせた。陸運では、配車サービスや観光バス、タクシーなどの運行を停止させ、地域をまたいで運行している場合、ダナンでの停車と乗客の乗降車を禁止。鉄道も、ベトナム南北の運行を維持するものの、ダナンでの発着や乗り降りを停止させた。

■上期は旅行者49%減、リゾートに打撃

民間航空局(CAAV)によると、27~31日の航空券の予約状況から、ダナン市には約8万人の旅行者が滞在していると推定される。国内11路線、毎日100便が運航されていたため、航空会社と協力し、旅行者の復路便の確保に取り組んでいる。

市統計局によると、今年上半期(1~6月)に同市を訪れた旅行者数は前年同期比49%減の166万人だった。内訳は、国内旅行者が103万人、海外からが63万人。国際線の運休で外国人旅行者が減る中、国内旅行者の増加が期待されていた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント