【台湾】三井不動産、林口媒体園区に複合施設開発へ[建設](2020/07/27)

Df4cf7c6 347e 4e76 8769 dee600dbe53f

三井不動産は24日、昨年落札した新北市林口区の「林口国際媒体(メディア)園区」に、複合商業施設を開発すると発表した。2024年に開業する予定。

場所は台湾桃園国際空港と台北駅を結ぶ桃園機場捷運(桃園空港MRT)の林口駅近くに位置する。商業施設は4階建てで、屋上に駐車場を設ける予定。敷地面積は2万7,290平方メートル。

デジタルメディア関連のコンテンツをそろえるほか、飲食、ショッピングもできる複合商業施設にする計画。デジタルメディアに関しては、どのような内容にするのかまだ決定していない。

同メディア園区はA~Dエリアの4エリアに分かれており、三井不動産はAエリアの50年間の地上権を落札した。

Bエリアは台湾メディアグループの東森集団、C・Dエリアは台湾の三立電視(三立テレビ)傘下で映画館を運営する三立影城がそれぞれ落札した。

投資額は3社合わせて240億台湾元(約867億円)で、三井不動産1社の投資額は非公表。新北市政府はメディア園区全体で1万5,000人の就業機会を創出できるとみている。

台湾三井不動産の下町一朗・董事長兼総経理はNNAに対し、「16年に新北市でオープンした三井アウトレットパーク林口(MOP林口)には毎年1,000万人以上が来客するが、今回の施設の来客数はそれ以上を目指したい」と意気込みを示した。

下町董事長によると、MOP林口は新型コロナウイルス感染症の影響を受け、2~4月の業績は前年同期に比べ落ち込んだが、5月以降は新型コロナウイルスの収束に伴い回復しているという。

台湾三井不動産の下町一朗董事長は林口媒体園区に複合商業施設を開発すると発表した=24日、新北(NNA撮影)

台湾三井不動産の下町一朗董事長は林口媒体園区に複合商業施設を開発すると発表した=24日、新北(NNA撮影)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント