【中国】北京のコロナ新規感染者、26日ぶりゼロ[社会](2020/07/08)

北京市衛生健康委員会は7日、6日には新たな新型コロナウイルス感染者が報告されなかったと発表した。26日ぶりに新規感染者がゼロとなった。

57日ぶりに新規感染が確認された6月11日以降の26日間の累計感染者は前日から変わらず335人。

一方、6日には無症状感染者が1人確認された。7日午前0時時点で経過観察中の無症状感染者は31人となった。

6日から7日午後3時までに、西城区展覧路街道(街道は末端の行政組織)、朝陽区小紅門(地区)郷、西城区白紙坊街道、海淀区永定路街道の4カ所が「中」リスクから「低」リスクに引き下げられ、朝陽区と西城区の全域が低リスク地域となった。

7日午後3時時点で、市内の中リスク地域は18カ所、高リスク地域は豊台区花郷(地区)郷の1カ所となっている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント