スタートアップの資金調達・ビジネスマッチングサイト

【フィリピン】化学D&L、外出制限緩和で業績回復[化学](2020/06/22)

フィリピンの総合化学メーカー、D&Lインダストリーズは18日、マニラ首都圏での外出・移動制限措置が徐々に解除される中、5月から業績が回復傾向にあると発表した。年後半には消費者の需要も回復すると見込んでいる。

マニラ首都圏では3月中旬から厳格な制限措置が実施され、5月中旬以降に段階的に緩和されている。アルビン・ラオ社長兼最高経営責任者(CEO)は、厳格な規制が丸1カ月続いたのは4月のみで、業績は同月で底入れした可能性が高いと説明。5月から持ち直しがみられているとし、6月も上向くとの見通しを示した。

政府が6月15日から飲食業への規制を緩和しており、大きく落ち込んでいた食品添加物への需要の回復が見込まれる。さらに、建設活動や公共交通の部分的再開に伴い、特殊な化学薬品やバイオディーゼル燃料の需要も一定の増加が予想される。

一方、同社長は、7~9月期の業績は新型コロナウイルス前の水準に戻らない可能性もあると指摘。クリスマス商戦となる10~12月期の巻き返しに期待を示した。

関連記事

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント