【韓国】中古半導体装置のサープラス、新社屋を着工[IT](2020/06/08)

3d43f11f 30d8 4890 a136 bb495b7b4611

中古半導体製造装置の販売代理を手掛ける韓国のサープラスグローバルは4日、京畿道竜仁市で新社屋の着工式を開催した。

完成予定は2021年6月で、延べ床面積は6万8,000平方メートルと現社屋の2倍以上の広さとなる。新社屋の完成後も2万3,000平方メートルの別棟を建設する計画で、半導体製造に必要とされる全装置の取り扱いを目指す。

新社屋は◇販売スペース◇クリーンルーム◇半導体装置の教育センター◇整備スペース◇12インチウエハー用のテストベッド――などを併設する。

サープラスグローバルは現在、海外の半導体装置メーカーと新社屋への入居に関する交渉を進めており、約30社の契約を見込む。同社関係者は「国内外のバイヤーやエンジニアが装置を購入したり、操作方法を身に付けたりできる空間にしたい」と話した。

サープラスグローバルの直近5年間の売上高は年900億~1,400億ウォン(約80億5,000万~127億7,000万円)。新社屋を通じて、25年までに2,500億ウォン以上に引き上げる計画だ。同社は日本や台湾、米国などに現地法人を置き、各国の半導体装置メーカーの中古品を購入している。

サープラスグローバルが京畿道竜仁市で新社屋を着工(同社提供)

サープラスグローバルが京畿道竜仁市で新社屋を着工(同社提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント