【タイ】新規感染15人、入院患者300人下回る(26日)[社会](2020/04/27)

Bae0d87c ee3c 4c6e 80e2 1655c2c83115

タイ保健省は26日、新型コロナウイルス感染症について、新たに15人の感染を確認したと発表した。新規感染者は前日から38人減った。

累計の感染者は2,922人。回復者は前日から47人増え、現在の入院患者は277人となった。回復者の累計は2,594人、死者は51人。累計の感染者に対する回復者の割合は88.8%、死者の割合は1.75%となった。

新型コロナウイルス感染症対策センターによると、県別の新たな感染者はバンコクが7人(国の検疫での確認が4人)、南部プーケット県が4人、深南部ヤラー県が2人、東部チョンブリ県1人(国の検疫で確認)、西部ナコンパトム県が1人だった。

同センターのタウィーシン報道官は26日の定例会見で、同日で非常事態宣言の発令から1カ月が経ち、感染者が減少していることから、「この成功は皆の成功だ」とした上で「来年の初めまでは『ニューノーム(新基準)』で生活を続けることが望ましい」と述べた。

また26日時点で、感染者が確認されていない県は9県、過去14日以上感染が確認されていない県は48県となった。

■25日:外国人42人が集団感染

保健省の25日の発表によると、新型コロナ感染症で新たに53人の感染と1人の死亡を確認した。新規感染者は前日から38人増えて、4月9日以来、16日ぶりに50人を超えた。

25日時点の累計の感染者は2,907人で、309人が入院している。回復者は前日から57人増えて2,547人、死者は51人。累計の感染者に対する回復者の割合は87.6%、死者の割合は1.75%となった。

保健省によると、新規感染者53人のうち42人は、南部ソンクラー県サダオにある入国者収容所に収容されている外国人労働者。国籍の内訳はミャンマーが34人、ベトナムが3人、マレーシアが2人、カンボジア、インド、イエメンがそれぞれ1人という。

■24日:15人の感染確認

保健省は24日、新型コロナ感染症について、新たに15人の感染を確認したと発表。新規感染者は前日から2人増えたものの、4日連続で20人を下回った。死者は4日ぶりにゼロとなった。

累計の感染者は2,854人で、314人が入院。回復者は前日から60人増えて2,490人、死者は50人。累計の感染者に対する回復者の割合は87.2%、死者の割合は1.75%となった。

新型コロナウイルス感染症対策センターによると、県別の新たな感染者は、バンコクと南部プーケット県、深南部ヤラー県がそれぞれ4人、バンコク北郊パトゥムタニ県、同東郊サムットプラカン県、南部ソンクラー県がそれぞれ1人だった。

過去14日以上新たな感染が確認されていない県は45県となった。これまで感染者がゼロの県は9県となっている。

同センターのタウィーシン報道官は、顔をプラスチックのフェースシールドで覆うだけでは感染防止に十分ではなく、シールドとマスクを併用する必要があると指摘した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント