【香港】政府は「戒厳令レベル」の措置を=専門家[社会](2020/03/26)

香港大学感染症・伝染病センターの何栢良総監は25日に出演したラジオ番組で、香港政府が今週末までに「戒厳令レベル」の新型コロナウイルス感染拡大防止措置を打ち出さなければ、「香港の医療システムを守ることはできない」と強調し、強い危機感を表明した。官営メディアのRTHKなどが伝えた。

何氏は域内で確認された感染者は過去2週間で急増していると指摘し、「政府は対策を小出しに打ち出すべきではない」と訴えた。感染の拡大を防ぐために最も重要なことは、「多くの市民が集まるのを防ぐことだ」と強調。英国やドイツを例に、一定人数以上の人が集まるのを禁じる必要があるとの認識を示した。

香港政府の行政会議(諮問機関)メンバーの林正財氏は、「市民に他者との接触を減らす社会的距離(ソーシャル・ディスタンシング)を取ってもらえるよう、政府は有効で直接的な措置を検討している」と明らかにした。感染拡大のスピードが想像を超えた場合、現行の措置では対応できず、「外出禁止といった極端な措置を取る可能性がある」と指摘した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント