【ミャンマー】コロナ感染者3人目、英からタイ経由で帰国[社会](2020/03/26)

ミャンマー保健・スポーツ省は25日早朝、同国で3人目となる新型コロナウイルスの感染者を確認したと発表した。ミャンマー人男性(26)で、英国からタイのスワンナプーム国際空港を経由し、21日にヤンゴン国際空港に帰国した。

男性は23日に症状が表れたことから医療機関を受診し、24日に陽性であることが分かった。男性は、ヤンゴンのインセイン病院で隔離されており、病状は快方に向かっているという。

電子メディアのイラワジによると、23日深夜に感染が確認された北西部チン州の男性(36)、ヤンゴンの男性(26)の症状は安定しており、重篤化していないもようだ。大統領府のゾー・テイ報道官は、チン州の男性とヤンゴン国際空港で接見した政府担当官についても現在、14日間の隔離措置をとっていることを明らかにした。

ミャンマー政府は25日から、ミャンマーへの入国者全てに14日間の施設隔離を義務付け、ウイルスの感染拡大防止に努めている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント