【フィリピン】首都圏のワワダム建設、水道局が認可[公益](2019/11/19)

フィリピンのマニラ首都圏の新たな水源として、リサール州で計画されているワワダムの建設で、マニラ首都圏水道局(MWSS)が合弁事業体に対し、認可を出したことが18日分かった。14日のMWSS理事会で承認された。

MWSSのレイナルド・ベラスコ局長は「マニラ首都圏の水の安全が今後数年間で改善される」と説明。首都圏の水不足が深刻になりつつあるが、優先事項として、政府の許認可当局にも迅速な手続きを呼び掛けた。

ワワ上水供給事業を主導するのは、プライム・メトロライン・インフラストラクチャー・ホールディングス(プライム・インフラ)と、サン・ロレンゾ・ルイズ・ビルダー・アンド・デベロッパーズ・グループの合弁会社「ワワJVCo」。2021年から1日当たり8,000万リットル、25年に同5億リットル以上を首都圏に供給する計画だ。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント