【台湾】トリプラ、台湾でホテル向けAIサービス[IT](2019/10/14)

7a8e4255 7011 41ce bd17 0462fd64ec7f

旅行業界向けITサービスを展開するトリプラ(東京都中央区)は9日、台北美福大飯店(グランドメイフルホテル台北)に自社で開発した多言語の人工知能(AI)サービス「トリプラチャットボット」を導入したと発表した。台湾でのサービス導入は初めて。海外での導入は韓国、グアムに続き3カ国・地域目となる。今後は台湾全域の宿泊施設への導入を目指す。

トリプラチャットボットは宿泊施設への問い合わせに、AIがチャット上で回答を行うサービス。グランドメイフルホテル台北の公式ホームページ上に設置し、訪問者は24時間サービスを利用できる。現在は日本語、英語、韓国語、中国語(繁体字・簡体字)に対応する。

トリプラの担当者はNNAに対し、「日本では約600の宿泊施設が導入しており、台湾人客の利用が一番多かったことから、台湾への進出に踏み切った」と説明した。サービスを導入することでフロントスタッフの業務削減が期待でき、日本ではフロントへの問い合わせが60%減った事例もあるという。

既に台湾の他の宿泊施設から引き合いがあり、今後については「まず台北のホテルへの導入を進め、次に台北周辺や高雄と範囲を広げていきたい」と述べた。

グランドメイフルホテル台北に多言語AIサービス「トリプラチャットボット」を導入したトリプラの高橋和久CEO(左から2人目)=台北(同社提供)

グランドメイフルホテル台北に多言語AIサービス「トリプラチャットボット」を導入したトリプラの高橋和久CEO(左から2人目)=台北(同社提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント