【シンガポール】宗家源吉兆庵、ジュエルチャンギに国内2号店[食品](2019/03/26)

菓子製造・販売を手掛ける源吉兆庵グループ(岡山市)の宗家源吉兆庵(東京都中央区)は25日、シンガポールのチャンギ空港で来月開業する大型複合施設「ジュエル・チャンギ・エアポート」にシンガポール2号店を出店すると発表した。

同施設がプレオープンする4月11日に新店舗を開業する。店舗面積は108.49平方メートルで、従業員数は8人。和菓子の「宗家源吉兆庵」ブランドに加えて、源吉兆庵グループの米菓ブランド「満果惣」も扱う。年間の売り上げ目標は1億8,000万円としている。

宗家源吉兆庵は1993年、初の海外店舗をシンガポール高島屋に出店。現在はシンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、香港、台湾、英国、米国の8カ国・地域に進出している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント