【カンボジア】アリババの馬雲会長、シエムレアプ入り[IT](2019/03/13)

中国電子商取引(EC)最大手、アリババグループ(阿里巴巴集団)の馬雲(ジャック・マー)会長が11日夜、カンボジアの北西部シエムレアプ州に到着した。ニュースサイトの柬中時報などが伝えた。

馬会長の訪問目的や滞在期間は不明だが、カンボジアでは同じ期間に最高国家経済評議会(SNEC)と世界銀行の共催でデジタル経済関連のシンポジウムが開かれることになっており、馬会長が出席する可能性がある。

シエムレアプ国際空港の関係者は「何日滞在するのか、どの政府関係者と会うのかなどは分からない」と話した。ただ、馬会長はタイ国境の北西部バンテイメンチェイ州ポイペトを視察する予定であることが判明している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント