【マレーシア】グラブの宅配サービス、首都圏で正式開始[運輸](2019/02/15)

東南アジアの配車アプリ最大手グラブは13日、文書や小包の宅配サービス「グラブエクスプレス」を首都圏で正式に開始した。エッジ・ファイナンシャル・デーリーが14日伝えた。

グラブは同サービスを首都クアラルンプール(KL)市内のバングサ、KLシティー・センター(KLCC)、KLセントラルの各地域で試験導入していた。同サービスは既にシンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、フィリピンで開始されている。

グラブによると、マレーシアでは昨年10月の試験導入以降、宅配需要が10倍に高まり、利用者の50%は反復利用した顧客だったという。サービスはグラブのアプリで申し込むことができ、リアルタイム追跡機能を利用できる。また、文書や小包は最高500リンギ(約1万3,600円)の保険でカバーされる。

 

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント