【香港】企業清算・再編が増加の流れ、デロイト指摘[経済](2019/01/09)

監査法人大手、デロイト・トウシュ・トーマツ中国法人の黎嘉恩(デリック・ライ)副会長はこのほど、香港で企業の清算、再編に関する案件が昨年著しく増えたとの認識を示した。こうした流れは今年も続くとみている。背景には中国本土経済の成長鈍化があると指摘している。信報が伝えた。

黎副会長によると、昨年初めから企業の清算・再編案件に関わる業務が増えたという。当時は米中貿易摩擦が激化していなかったことから、本土経済の成長鈍化を主な要因と分析した。

ただ、黎副会長は企業の清算・再編は増えているものの、急激に増加することはないと指摘。経済環境が2008年の世界金融危機の時ほど悪くはないことを理由に挙げた。一方で今後については米中貿易摩擦の影響を注視する必要があることも付け加えた。

香港政府会社登記処によると、2018年に清算した企業は1,234社だった。前年からは微減となったが、16年比では14.3%、15年比では17.2%それぞれ増えた。昨年12月には、香港上場のHMV数碼中国(HMVデジタル・チャイナ)が、CD・DVD販売大手「HMV」の香港店舗を運営する小売部門の子会社を清算すると発表している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント