【インドネシア】ガルーダグループ、年末年始に413便を増便[運輸](2018/12/05)

C6ed2834 1f62 43ba b28a 566f20fb2fe1

インドネシアの国営ガルーダ・インドネシア航空は4日、12月20日から来年1月6日までの18日間に、子会社の格安航空会社(LCC)シティリンク・インドネシアと合わせて413便を増便すると発表した。供給座席数は計13万2,000席増え、昨年の同時期と比べて約2倍に拡大する。

増便本数の内訳は、ガルーダ航空が197便(5万5,000席)、シティリンクが216便(7万7,000席)。

ガルーダ航空はこのうち、ジャカルタ―バリ島デンパサール線、ジャカルタ―シンガポール線など6路線27便の増便について、ボーイング777―300ERなどの大型機を使用する。シティリンクは11路線で増便する。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント