【インドネシア】トランスコスモス、EC子会社を設立[IT](2018/12/04)

コールセンターやデジタルマーケティング、電子商取引(EC)サービスなどを展開するトランスコスモス(東京都渋谷区)は3日、インドネシアでEC事業コンサルタントや自社のECサイト運営などを手掛ける完全子会社、トランスコスモスコマースを11月、首都ジャカルタに設立し、事業を開始したと発表した。資本金は非公表。

トランスコスモスコマースは、販売戦略の立案やECサイトの構築、運営代行など、日本企業のEC進出を支援するコンサルティング業務を行うほか、自社のEC店舗も運営する。EC店舗は「バランスケア」「ジェントルフレッシュ」「プリズマカート」の三つで、インドネシアの主要EC4社であるラザダ、トコペディア、ブカラパック、ショッピー内に開設する。手始めに美容・健康、家庭・生活分野に絞って、日本の小売企業の商品を販売する。

トランスコスモスは2013年、インターネットプロバイダー事業を展開するサイバーインド・アディタマ(CBN)との折半出資で、コールセンター事業のトランスコスモス・インドネシアをジャカルタに設立。翌14年にはウェブサイトの制作・開発拠点も首都に開設した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント