【香港】サザビーリーグ、来秋に香港1号店[サービス](2018/11/29)

生活雑貨の販売や飲食店の運営などを行うサザビーリーグ(東京都渋谷区)は28日、展開するカフェ「アフタヌーンティー・ティールーム」の香港1号店を2019年秋に開業すると発表した。紅茶やスイーツ、サンドイッチ、パスタなどを提供する。

カフェの香港・マカオ地区での独占ライセンス契約をティールーム(香港)と締結した。年間約6,000万人の観光客が訪れる有数の観光エリアである香港は今後、経済規模の拡大が見込まれ、香港訪問客の増加も期待できるとして出店を決めた。出店場所など詳細は来年第2四半期(4~6月)に発表する予定だ。

ティールーム(香港)は18年7月の設立で、カフェなどを運営する香港企業コンフェクション・クレービングスの全額出資子会社。

アフタヌーンティー・ティールームは18年10月末時点で日本国内に86店を展開している。海外では、台湾で流通大手の統一超商(プレジデント・チェーンストア)を通じてカフェ・雑貨チェーン「アフタヌーンティー」を展開していたが、17年5月に撤退した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント