【韓国】SKCが中国に合弁設立へ、無線充電用素材[化学](2018/10/02)

2700259f df42 4b85 9386 2166b771b22e

韓国の化学素材大手SKCは9月28日、スマートフォン向けワイヤレス充電用素材の加工と販売を手掛ける中国の領益集団と、合弁会社設立に向けた覚書(MOU)を交わした。年内にも現地に合弁会社を設立し、来年から無線充電用素材の生産を開始する計画だ。出資額や出資比率などの詳細は今後決定する。

SKCは、合弁会社に素材を製造する技術と生産設備を提供する。20年からの工場の本格稼働を目指す。領益集団は、合弁会社で製造した素材をモジュール化してスマホメーカー向けに販売する。領益集団にとっては、合弁会社を通じて素材を安定して調達できるメリットがある。

領益集団がワイヤレス充電用素材の加工製品で世界シェア6~7割を占めていることから、SKCは合弁会社の安定した売り上げを見込む。SKCはまた、ワイヤレス充電技術は今後、スマホ向けのほか、ドローン(小型無人機)やロボット、自動車向けにも用途が拡大するとみている。

SKCは中国で無線充電用素材を製造する(同社提供)

SKCは中国で無線充電用素材を製造する(同社提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント